トップページ > インプレッション > ベスパ プリマベーラ 125 ABS (2017モデル)

ベスパ プリマベーラ 125 ABS (2017モデル) インプレッション

ベスパ プリマベーラ 125 ABS 2017年モデル

第一印象と取り回し

125ccスクーターながらVESPAならでは流麗なデザインが印象的。ボディはコンパクトで、取り回しも楽で押し歩きも苦になりません。

乗車ポジションと足つき性

シート高は同クラスの国産スクーターと比べると高めの印象。身長180cmの私で両足の踵がギリギリ付く感じ。高めのシートですが、そのおかげで少し視点が高くなり、125ccスクーターにはなかなかない、見晴らしの良さがあります。

乗車姿勢はコンパクトなボディながら窮屈さはなく、段差の少ないシートは腰を後ろにずらしたりできるので、身長の高い人でも自由度は高いと言えます。

走り出してみて

走行中 アクセルを開けると、ピアッジオエンジンらしい軽快な吹け上がりと共に走り出します。他の125ccスクーターと比較して必ずしも速いというわけではないのですが、i-Getエンジンの特性でしょうか、50km/hくらいまでの常用域で軽やかな加速感を楽しめます。

ブレーキはGTS Super 300やGTS Super 150などの他のVespaモデルと比較しても、正にニュートラルな自然なタッチ。ABSらしい確実な制動力で安心感があります。

グリップやステップから振動はやや感じます。125ccスクーターとしては標準的な車重のせいか、GTSシリーズのようなどっしりとした安定感はありません。そのかわりクイックなハンドリングでキビキビと走れます。素直なハンドリングと相まって、直線よりもコーナーの方が安定している感じさえします。

ユーティリティなど各部

しっかりとした操作感のあるウィンカーはGTSシリーズのものより動作が確実で戸惑うことはありません。グリップは若干短めですが、ハンドル幅が狭くなり小回りが効くようになっています。

GTSシリーズと違い、シート下スペースにはフルフェイスタイプのヘルメットを収納可能。ヘルメットホルダーも付属していますので、収納力に関してはプリマベーラ シリーズが勝っています。また、シアンを貴重としたスタイリッシュなメーターパネルも印象的です。 シート下スペース ヘルメットホルダー使用時

一般道での燃費 33.86km/リットル

ガソリン給油時 一般道を63.9km走行後の給油量は1.89リットルでしたので、燃費は33.86km/リットルとなりました。イタリアスクーターとしてはまずまずの数値ではないでしょうか。

まとめ

余裕ある排気量でモーターサイクルのようなスポーティーな楽しさを感じられる GTS Super 300、最小限のスポーティーさと優れた省エネ性を併せ持つGTS Super 150など、Vespaには個性的なモデルが揃っていますが、それらのモデルと比較してのプリマベーラ 125 ABSの魅力は、「カジュアルさ」にあると感じました。

優れたデザインの個性的な佇まいながら、街乗りでも充分にその効果を発揮するABSは充分な安心感を生み出し、ピアッジオ i-Getエンジンは一度走り出せばイタリア車らしい軽快さを楽しめます。

125ccスクーターの経済性とVespaの個性を併せ持ったプリマベーラ125 ABSは、カジュアルに楽しめるシティコミューターというキャラクターを楽しめるスクーターです。コネクティングロッドではベスパ プリマベーラ 125 ABSの試乗車をご用意しています。ぜひお気軽にお越しください。

※当記事は個人の感想に基づいて作成されています。何らかの性能、効果、パフォーマンスを保証するものではありません。


お問い合わせ

△TOP△