トップページ > ミュージアム > 海外取材 > イタリア レンタルスクーター レポート Part 2
イタリア ローマ市内にて

まずは国外免許証を入手!

ローマの街中をレンタルバイクで散策するにあたって、まず必要なのが、ちまたで国際免許証といわれる国外運転免許証です。 基本的には大型自動二輪免許か普通自動二輪免許を保有していれば、バイクに乗ることは可能です。 ただし、国(州)によっては、その国(州)の法令の規定などによる制限があったり、場合によっては認められないことがあります。さらに日本の免許証の提示を求められることもあります。事前にガイドブックや訪れる国にある日本大使館または領事館などでの確認をお勧めします。

取得に必要な、運転免許証とパスポート。

取得に必要な、運転免許証とパスポート。

申請を受け付ける窓口は、自分が住んでいる各都道府県警察の運転免許課や運転免許センクー、運転免許試験場などになる。今回は埼玉県さいたま市大宮区にあるソニックシティビル内の埼玉県警察国外運転免許センクーで申請しました。

取得に必要なモノは、運転免許証とパスポートなど漉航を証明する書類。写真1枚(縦5cmX積4cm)は料金はかかりますが、場所によっては窓口で撮ってもらえます。手数料は2,650円で、今回は写真もとってもらったので、撮影料500円(県や場所によって異なる)アップの3,150円となりました。

イタリアで運転できる国外免許証を入手!

こちらが国外運転免許証。

こちらが国外運転免許証。

国外運転免許証は発行から1年以内で日本の免許証が有効期限内であれば何回海外に行ってもそのたぴに使用できます。

また申請する際に、古い国外運転免許証を持っていたら返却する必要があります(有効期間が憲了したときは、近くの拭験場または警察署に返却する)。※なお、申請にあたっては、各都道府県により申請できる場所、時間が異なるので、事前に居住する都道府県のホームページなどで確認することをおすすめします。

気楽に借りられるレンタルスクーター

今回お世話になったレンタルスクーターショップはテルミニ駅から徒歩5分のわかりやすい場所にあるBICI BACIというお店。GTS300 Super・GTS250ie・PX125などのベスパモデルがずらりとならんだ店内には英語で案内してくれるスタッフがいるので安心です。

料金は250cc/300ccクラスで1日80ユーロ。またガソリンを補給しないで 車両を返却する場合は5ユーロが追加となります。ベスパ・ピアジオ・ジレラを生んだイタリアをイタリアンスクーターで走るのはバイクファンならずとも一生の思い出となることでしょう。みなさんもイタリアに行かれた際はぜひイタリアンスクーターでの観光を楽しんでみてください!

BICI BACI

住所:Via del Viminale, 5-00185 ROMA (テルミニ駅から徒歩約5分)
電話:06.48.28.443営業時間:朝8:00〜夜7:00
料金:250cc/300ccクラス 80ユーロ/日 ※ガソリンを補給しない場合は、返却時に5ユーロ必要。

スクーターレンタルショップ「BICI BACI」

今回お世話になったスクーターレンタルショップ「BICI BACI」。

ズラリとならんだベスパのスクーター

ズラリとならんだベスパのスクーター。全部レンタル可能です。

BICI BACIのスタッフと。

BICI BACIのスタッフと。英語が通じるので安心です。


イタリア レンタルスクーター レポート Part 1

初出 ScooterDays No.17 (クレタパブリッシング)


TOP