トップページ > ミュージアム > インプレッション > KYMCO グランドディンク 250Z

KYMCO グランドディンク 250Z インプレッション

文:繁野明治

KYMCO グランドディンク 250Z KYMCO社のフラッグシップモデルであるグランドディンク。いかついマスクが非常に印象的なモデルである。街中においても最近非常によく見かけるモデルであることからもその人気の高さが伺える。

ゴージャスな装備が魅力の250ccスクーター

KYMCO グランドディンク 250Z装備に関しても携帯ホルダーやリアキャリアなど、実用的なものが装備されているのがうれしいところだ。そして電動格納ミラーの装備。4輪乗用車では今や当たり前の装備ではあるが、スクーターにおいては斬新といえるほどのものが感じられる。

KYMCO グランドディンク 250Zさらにこの車両のシート下には容量40Lという大きな荷物スペースが確保されているため、フルフェイスヘルメットでもしっかりと収納することが可能だ。セキュリティーに関してもECSロックキーが装備されており、正に万全の豪華装備といったところである。

低いシート高やマイルドなフィーリングなど、国産ビッグスクーターに近い乗り味

KYMCO グランドディンク 250Z さっそく試乗を開始してみよう。車体にまたがってみると予想以上に良好な足つき性のため、変な緊迫感も全く感じさせない。フラットなシートもすわり心地がよく、その形状や硬さにおいても絶妙で、長時間の走行でも全く疲れを感じさせないだろう。

エンジンから響き渡るサウンドはやや静かで高めの音質。他の4ストロークエンジンとはやや異なる独特のものだ。エンジンパワーは同クラスのスクーターと比較すると体感的にはやや大人しい感じのマイルドなフィーリングであるが、エンジンそのものはトルクも十分にあり、軽快なものであるために扱いやすさという見方をすると満点と呼べるほどである。

フロントがやや軽い印象のサスペンション

KYMCO グランドディンク 250Z 車体の操安性はどうだろうか?よく動き、しなやかなサスペンションを持つグランドディンクであるが、見た目とはうらはらにフロント部分が軽い印象を受ける。 低速でコーナーを走行する際にはフロント周りは普通に適度に切れ込んできて旋回性を高めていくのであるが、 ややスピードの高いコーナーなどを走行する際にはフロント部分の接地感が若干薄れているような感覚がつきまとう。 しかし、これはこの車両の独特の乗り味という部分であり、少し乗っていればこの感覚にはなれていける部分である。

もう少し効きがほしいフロントブレーキ。しかしトータルでは充分魅力的。

KYMCO グランドディンク 250Z 次にブレーキシステムであるが、ストッピングパワーに関して言えばこの車体にはもう少し効きの良いものが欲しいところ。 ブレーキパッドを交換することによって大幅に改良されることもあるのでさまざまなタイプを試してみるのも面白いかもしれない。

全体を通してみると改良の余地はいくつか残されているかもしれないが、装備やパフォーマンスなどを考えればお買い得なスクーター、それがKYMCO グランドディンク250Zである。