トップページ > ミュージアム > コラム > マラグーティ マディソン RS250

コラム Vol.6:コネクティングロッドがセレクトした理由(ワケ)

malaguti madison rs250

マラグーティ マディソン RS250 (このモデルの販売は終了しました)

(イタリア製 ビッグスクーター・スポーツスクーター)

マラグーティ社は、まだ、日本では認知度は決して高いとは言えませんが、1930年にイタリア・ボローニャで開業した歴史のある会社で、イタリアのオートバイメーカーの中ではピアジオ社、アプリリア社に次ぐ規模を誇るメーカーであり、イタリア人ならだれでも知っているスクーター・ブランドです。

そのメーカーのポリシーは「スクーターは美しくなければならない」とまで言うほど、デザインにはたいへん自信を持っているそうです。そのマラグーティ社の自信作がこのマディソン RS250です。マディソン RS250は、美しいビッグスクーターという一面の他に、スポーツスクーターという側面もあるのです。つまり走りがいいのです。

常用域で楽しめるエンジン特性

どれほどいいのかと言うと、下のダイノマシン250での測定結果を見ていただければ一目瞭然でしょう。規制の多い国産250ccモデルでは、40-50km/h域、すなわち街乗りで一番使いやすいバンドでのパワーを、一度下げているのに対し、マディソン RS250は40-50km/h域で最高出力が出るようなエンジン特性となっています。実にこの差は約7.6馬力も有るのです。そして、高速域でもパワーを余すことなく出しており、イタリア人好みなスポーティな走りが楽しめるのです。

上の青い線がマラグーティ マディソンRS250、下の赤い線がホンダ フォルツァXです
(各画像はクリックすると拡大表示します)。

あのジレラ ランナーに引けをとらないエンジン性能

マディソンRS250の出力特性が、どれほど凄いかというと、あのスポーツスクーターの代名詞と言っても過言ではないジレラ ランナーFXR-DD SP180 (2ストロークモデル)と比べても、その凄さがおわかりいただけると思います。

個人的な趣味ですが、走りはもちろんのこと、マディソン RS250のデザインだけでも他の国産250ccスクーターを大きく上回っていると感じております。 また、ビッグスクーターの中ではとりまわしのしやすいコンパクトボディがうれしいです。(最近の国産250ccスクーターは恐竜のように大きくなりすぎているような気がしますので・・)

車両名

マラグーティ
マディソンRS250

ホンダ
フォルツァX 250

ヤマハ グランドマジェスティ250

スズキ スカイウェイブ250S

全長

2,020mm

2,165mm

2,230mm

2,260mm

乾燥重量

160kg

171kg

194kg

160kg

そして、何よりも車両価格が税込み58万円というのも驚きです。Malaguti Madison RS250は正にデザイン良し、走り良し、価格良し、といった3拍子揃ったイタリアンスクーターなのです。

文・コネクティング・ロッド/


△TOP